動画配信サービスはジャンルとコンテンツの充実度で選ぼう

Netflixやamazon primeを始めとするビデオオンデマンドと呼ばれる動画配信サービスは、一見すると映画やドラマを大量に扱っていてどこも同じに見えてしまいます。

しかし、それぞれが得意とする分野があるので、内容の幹訳が重要です。では、どのような点に注意して違いを見極められば良いのでしょうか。

動画配信サービスが得意なジャンルを見極めよう

動画配信サービスは、テレビを持たない家庭が増えていることから、映画やドラマの視聴はインターネット経由の動画配信サービスのみで行う人が少なくありません。

動画配信サービスには、各TV局との提携関係にあるFODやHuluだけでなくParaviといったサービスと、TV局とは無関係のNetflixやAmazon Prime Videoといったタイプがあります。

コンテンツ内容としてどのようなジャンルを得意としているのか確認出来れば、加入した時に満足度が高くなるでしょう。

中でも注目したいポイントとして、アニメ充実度と海外ドラマの取扱本数は重要です。

見放題プランと追加購入型を使い分ける

動画配信サービスには、月額料金制を採用しているものが多く、画質と同時視聴数により複数のプランを設定している所が少なくありません。

月額料金内で見放題となる動画の本数がいかに多くても、実際に視聴したいと思えるコンテンツが少なくては残念です。

最新作のみ1本いくらという料金体系で追加購入型としている所もあるので、動画配信サービスで見放題となる部分と追加購入の比率を事前に確認しておく必要があります。

動画配信サービスの中には、Amazon Prime Videoのように他のサービスの一部として見放題となる本数は少ないものの、追加購入型を採用することで収益につなげているタイプがあります。

月額料金が安い動画配信サービスは、追加購入型コンテンツの充実度を高めていることがあるので、加入前に視聴したいと思えるコンテンツが見放題プランに入っているか確認しておくと良いです。

動画配信サービスオリジナルコンテンツがあると強い

動画配信サービスは、他社との差別化を行うために独自のオリジナル動画コンテンツを持つ所が多いです。

テレビ局との関係性が高いHuluでは、最終回のその後や外伝・特別編という形で動画コンテンツを最初から提供しており、過度の宣伝と取られて嫌煙されている原因となっています。

一方、テレビ局と無縁のAmazon Prime VideoやNetflixは、独自コンテンツを持っているので視聴者の加入要因として積極的に活用しています。